お母さんといっしょ J( 'ー`)し  

ページ 6 / 6
  RSS

休止
(@free)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1585
01/09/2019 6:00 pm  

やっと夏休みが終わる…

新学期、長女はどうかな?

皆ダルいだろうけども…


マニッキmamiso 件のいいね!
返信引用
マニッキ
(@mani)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1942
02/09/2019 12:10 am  

昨日NHKの「2019年夏休み ぼくの日記帳」を流し見してたんだけど、不登校になった子がほとんどだった。

その後、バリバラでHPSやっていて、攻めてるな~と。

 

Freeっち、不登校児の母親って段階があって、途中はほんと苦しいと思う。

行くか行かないかの狭間。子どもも辛い。

 

先日、支援クラスの知り合いと話をしてたんだけど、

「今、行きたいのに行けない子が問題になってる」

との事。

これがいじめが原因ならそのままだと思う。

でも何も原因が無い場合の子どもの「行きたい」は嘘。

親が不安に思うのが可哀想だから、無理して「行きたいんだ」

と言ってる。

 

親はまず子どもに気遣わせているのを気づかないといけない。

…これはFree家の事じゃないからね。うちの姪っ子の事。

昔から顔色覗う子だったんだけど、親の前ではイイ子を演じる。

学校へ行くという。

でも私には、「死んでも行きたくね~!」と言う。

 

私はもう開き直り段階に来て、永遠の夏休み上等じゃ!になってる。

叩かれてた沖縄のユーチューバー少年の親と変りないねw


ゆーや休止 件のいいね!
返信引用
休止
(@free)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1585
02/09/2019 4:57 am  

マニキ、私はそこまで達観出来てなくて

問題無く行ってくれたら…時々遅刻していいから、行ってくれたら…と、やっぱり思ってしまう。

一般的だとされるレールから外れるって、今のところ相当エネルギーを使うというのが想像できるから、果たしてこの環境で自分が、その親を出来るのか、と言われたら体力と共に自信がない。

 

長女は、昨夜は明日から学校だからか、寝る前は調子が悪そうでした…

その気持ち、気質をコントロールできるようになれば良いのに、と、自分もくたびれやすい人間だから酷だとは思いつつ、いずれ社会で生きるなら、揉まれちまえ〜と思ったりも。

ただ「成長」は少しずつだろうから、無理はさせられないな、と思ってる。様子を見ながらたまには体調不良を理由に休んでも、親としては構わない。

敏感でない子供でさえ、毎日新しい内容や出来事を吸収していくというのはハードだろうな。

日々の宿題も今年の担任の先生は厳しくて、誰かが忘れたら一定の条件で皆連帯責任で宿題が増えるシステムで驚いた。学力を上げる為でもあるだろうけど、やり方がちょっと怖い。

「誰々のせい」とならないのかな?と…

学校に行きたくないってのは、娘の場合、いじめられては居ないから、原因はそこじゃないから…ゆるゆると長引くだろうな

母親と一緒に居たいという気持ちもまだ薄れていなさそう。

だから、登校、帰り道はこれからも一緒に居るし、少しでも気持ちを「理解しよう」という姿勢で居るだけでも、何もしないよりマシ、ポジティブなのではないか、と昨夜思いました。

本当、もっとゆるめの義務教育になれば良いのにね、勉強は他の教材や環境でも学べるし、毎日決まった時間に、決まった環境に縛られるなんて、立場の弱い従順な国民(人間)を育ててるとしか…

まあ、学校が全部ダメってことはないだろうけども。

家に居ると、長女は朝から晩までテレビやビデオやユーチューブ、なんて日もあって、こりゃあ…受け身に慣れてしまったら、過去の私みたいに世の中を罵る日が来るわ〜と(^◇^;)危惧しちゃった。ただ長女の学力自体は悪くないのです…むしろ親より理解力があって出来るほう…。100点じゃなかったら、20点か?と思うほどの凹みようで、オイオイ…十分だよ、と言ってるんだけど。

 

何かと自分から動き出すと、楽じゃないけど生きる喜びみたいなもんを感じられるようになると思うので、どこかでそのスイッチが入らないかなーと気長に待ち続けます。

6時間目まである日なんて、長女はバテバテで家で泣いてたりするので、まー早く寝ちゃいなヨと思うわけですが次女がギャースカ遊び暴れる歳頃でうるさくて寝られない…とかあるわけです、。

人によっては、学校が好きでいつも早起きして、早めに登校する子も居て、へえー!?とびっくりするね(^◇^;)

色んな子がいますね。。

長女も、お友達と過ごすのは楽しいみたいなんだけどな

今回ワンコを飼ったのは、一番は長女の為でした。

無償の愛情を誰かに何かに与えるって、自分が受けるのと変わらないと、今は感じるわけです。同じだと心の奥底で感じる。

ベクトルが私(母親)から逸れる時間があるというのもいいな、と飼い始めて思いました。

…さて、どうなることやら

夏休み明けは自●が増えるなんて記事を見て…「命が勿体ない」と病室から樹木希林さんが呟いたという記事も読んで…

子供に無理させちゃいけないと、思いました…

無理の線引きが難しいので、毎日接しながら感じるしか無いだろうな

 

我が家の未来も、まだわからんです。

マニキの次女ちゃんの心もこちらが洗われるようだったけれど、姪っ子ちゃんも優しいんだね…(;ω;)♡


mamisoマニッキ 件のいいね!
返信引用
マニッキ
(@mani)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1942
02/09/2019 2:07 pm  

おっと見落としてた!

Freeっちは親として正しいよ。私のは達観ではなく諦めに近いもん。

もがき疲れて、ただ浮かんで息できる状態キープな感じ。

 

コントロールして欲しい、もまれて慣れて欲しいも思ってたよ。

でもあっちにも書いたけど、HSCの子の感じ方をテレビで見て、こんなビンビンのセンサーで箱の中に居るって…しんどすぎる…と愕然としてしまった。

 

学校の宿題、今時連帯責任?前時代的ぃ!反吐がでるわ!

そりゃ嫌だわ。

うちの長女も中学の時、アホみたいな沢山の宿題に潰されたもん。

 

選択肢はほんと欲しい。校区内、妥協して校区外の学校に強制入校だもん。民営フリースクールが近場にある人はラッキーよ。

長女さん頭いいならホームスクールもありと思うな。

ポピーいいよポピー。安くてわかりやすい。

 

ワンコとても良かったと思うよ!

うちもハムスター来てから、みんな笑顔増えたもん。献身させてくれるし。マジ天使。

 

次女と姪はほんと優しい子たちで、こっちが姉妹みたい。

長女は激しいけど、最近解りやすくていいかなとw

 

未来かぁ…不安だったな~。今でも不安ないといったらウソよん。

今に集中するしかないかなーって今思ったよ。

 

ホロスコープに良い事言われたよ!

楽しいを極めたら、そこが極楽になるって。

Freeっちが笑顔でいるのが一番だよ。


mamiso休止 件のいいね!
返信引用
マニッキ
(@mani)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1942
02/09/2019 2:11 pm  

この話は文章にするのもはばかられたんだけど…

次女が発達障害分かった2歳くらいの時に、どうしても受け入れられなかったの。

しばらく経って、夢で次女がさらわれて、泣きながら探し回って、砂の上で倒れて意識不明だったのを発見。生死は不明だった。

あれからどうも、この子はすぐ天に帰ってしまうんじゃないか?って不安でね。

いつまでも小さくて、どうしても中学生くらいの姿も想像できないの。

 

私立で離れている時間が長かった時、すごく寂しかった。

だから辞めた時は正直ホッとしたんだ。

 

これは私の望んだ今なのかもしれない、って考えたら子どもと居られる今を楽しもうと思って。

昨夜夜遊びしちゃったよ~ん♪夜のマクドナルド初めてだった☆彡


mamiso休止 件のいいね!
返信引用
休止
(@free)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1585
02/09/2019 3:20 pm  

マニキ、ありがとう(^^)

スピうんぬんは置いといて、生身の親として、マニキの次女ちゃんには、もちろん長女ちゃんにも、老婆になるまで生きてもらって

この世の楽しみ慈しみを味わって美しく居てほしいと願います。

そんな夢を見たということで、私も長女が長生きしないのでは、という夢を昔見たことが確かあって、

(自分が精進するので、長生きさせてください)

と願いながら居たことがある…一応、心の何処かには留めてある。

「楽しいを極めたら極楽」

良い言葉だね!(^∇^)

 

…あ、私は恥ずかしがり屋の地味な子だったから、明るくはなかったよ(笑)

たまに吐いたり倒れたりしていたし…トータル的に、ただの根性だね。

さて、長女はとりあえず笑顔で帰宅できました。ワンコのおかげで楽しそうです(^^)

今度、ワンコを見せるために初めてお友達を呼ぶそうです

ポピー、情報ありがとう!

いざとなったら考えるよっ

(一瞬、マニキがすでにドーラの姿になった、過去形かと思ってドキドキしてました)


マニッキmamiso 件のいいね!
返信引用
休止
(@free)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1585
03/09/2019 1:57 pm  

PTAの仕事で、講演会を聴きに行きました。

今年は平の身分だから、何を活動しようが、一回にカウントされないんですがね。

「講演会を聴きに行く」係って割と好きで、去年も行きました☆

いつもどなたが来られるのかは行ってみないと分からず。

今回、ほめ達

講座ということで、お話の他に隣の人とするワークもあり、眠らずに2時間以上居られることができました。

そもそも、その協会を知らなかったので、全て初耳でした。

…スピに通じるなと思ったりして。

「褒める」ことの大事さ、と言うと軽いんですが、

「人間としての違いを知って、認めた上でアドバイス」

「違いを知って、楽しむ」

そうそう、私も違いを楽しむことがしたいんです。

「あなた、間違ってる」ではなくて

「私の視点はA。あなたの視点は?」という感じの内容で、話し合いの時に、まず相手の考え方、視点の確認をすることは、無用な争いを避けるだろうな、と思いました。

(…時に話が長くなって、言い争いに聞こえることもあるのかもしれない。)

子供に対しても、親と子は違う人間なので、それを踏まえた上で接すると、子供の心に親心も伝わりやすい。そんなお話でした。

2時間分の内容を、さすがに短くまとめることが出来なくて何か誤解も生んでいるかもしれませんが、

義務教育の中に居る親御さんも、確かに時代の流れ、変化を感じ取っていて

「ほめられて育ったことがない私達(40代)が、そんなに子供を褒めて育てて…荒波の社会で心を折られたりしないか」という意見も聞けました。

ちなみに講師の方、「叱らないで」という意味は含んでいませんでした。

「褒めることは、微力かもしれないけれど無力ではないです。応援ということで褒めてあげてほしいです。例え、折られても、そこから立ち上がれるためのチカラになるために」

そのような事を講師の方が仰っていました。

講師の方、通信制の高校に週一で、援助なのか何かの形で通われているそうです。

…質問者の男性が言われていたのが

「今は過渡期」

…ホントだ、と思いました。

褒められず、時にはビンタ、ケツバットを受けて育てられた私達世代が、ぐっと堪えて

今の子供たちが中年くらいになった時に部下や我が子のことを気軽に

「凄いね!さすが!☆」

なんて、自分とは違う視点を持つ人間だと理解した上で褒めながら育てる人ばかりの社会になるチャンスだ!と。

そして、ただの主婦でも誰でも未来の社会に貢献できることだな、と。

誰かの何気なく褒めた言葉が、誰かには何十年も響く言葉になるんだな、と。

おかげさまで、人の良いところには気付きやすい性分だと思っているので、実生活でもっと軽ーく、他人様を褒めたいと思いました(^^)

ちなみに他人の粗探しをしてしまうのは、人間の本能だそうです。(防衛本能だったかな?)

 

長女は、とりあえず元気です。

 

ママさん方、いつもお疲れ様です♡


ゆーや, mamisoマニッキ 件のいいね!
返信引用
休止
(@free)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1585
03/09/2019 7:00 pm  

追記

「海で溺れてる人がいたとして、『どうして気をつけていなかったの?だから落ちたんでしょう』など、溺れてる人に説教している場合ではなく、まず浮き輪ですよね』

というような内容のことを、話の何処かで講師の方が言われて

(そうよね)

と思いました。

講師の方、恐らく修羅場に何度も遭遇したんだろうな…家庭や仕事先などで。


mamiso, ゆーや, マニッキ と 1 人の方がいいね!
返信引用
マニッキ
(@mani)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1942
04/09/2019 12:39 pm  

Freeっち、励ましと応援ありがとうございます!

講演会の話もいいね!

褒める事、アドラーでは勇気付けって言ってる。

上からで褒めるのではなく、寄り添って「アイアム」で伝える…

「〇〇して偉かったね~!よしよし」ではなく、

「〇〇してくれて、ママは嬉しいよ。ありがとう」

という言い方。

欧米人になりきればイケるか…!

自己肯定感の低い人ばかりだからね。

おべっかと言われようが褒めまくってやんよwww

Freeっちも流石だね☆彡立派なライトワークだよね~。祈ってるだけより確実だ。

 

>他人の粗探しをしてしまうのは、人間の本能だそうです。(防衛本能だったかな?)

なるほど!本能なら意識してストップした方がいいね☆彡

 

前おちんこ出てた時に怒られたけど、私にも浮き輪くださーい。甘いものくださーい(*'ω'*)


mamiso休止 件のいいね!
返信引用
休止
(@free)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1585
04/09/2019 1:48 pm  

マニキ、こちらこそ!ありがとう(*´∇`*)

アドラーでは勇気付けか〜 どうやら同じだね!

アドラー心理学…読んだことはあるのに忘れました(・_・;

昨日の講習会では、見知らぬ方と二人組で幾つかのワークをしたので、色々と実感が伴って良かったよ!

スピのワークとか未経験だけれど、なるほど〜影響力はあるはずだわ〜と想像できました。

場の空気にも飲まれるから。

 

欧米人…欧米人になったつもりで、少しオーバーに「わお!おはよう!」とかもいいねっ

…ちょっと無理と思っちゃうけど、やれる人は運気も上がりそう(循環の意味でなんとなく)

結局、みーんな褒められたいのだ、と身に染みて知ることができました(^^)

我が子には言いやすいけど、夫ももっと褒めなきゃなあと反省しました。そして自身も☆

自分がかけてもらいたい褒め言葉を3分で15個かけるか?というのも行なって…私は11個でした。

講師の方も初めはそのくらいだったそうですが、今では5分で80個は書けるらしいです…自己肯定感も上がりそう!


ゆーやmamiso 件のいいね!
返信引用
休止
(@free)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1585
09/09/2019 9:37 am  

今朝は久しぶりに長女と一悶着した結果、学校を休ませました。

昨日はさんざんお友達と午前中から夕方まで遊んでたから…

単なるエネルギー切れのように見えました( ̄O ̄;)

宿題も寝る前に泣きながらしてたし…土曜日ユーチューブ見て「後でやる」と言ってゆっくりしてたのは誰よ?って。

あんまり泣き喚いて騒ぐから次女も園に行きたくないと言い出したので、気持ちが固まらないうちに急いで次女だけ送りました。

長女…今の担任と相性がよくないようです。

まあ、色んなセンセーがいますからね…

自分も小学校転校直後、いつもヒステリックなおばさんが担任で無茶苦茶きつかった。休んだ記憶はないけど。

「あなた、前にもこの学校に居たでしょ?(教室の場所も解らないの?)(いつも眉間に皺を寄せたブルドッグみたいな怖い顔で)」

校内で迷子になった転入初日か2日目に異次元に迷い込んだ気分だった。

どうやら自分と似た子が以前居たようで。

 

さて、今朝の話、

「今日休んだら、あと一ヶ月は全部行く!」と長女

ほ〜 オッケ、わかった!ってことで。

ただ、朝、起きるところから何度も喚かれて母ちゃんがシンドイわってことで

今、ひとりカフェです。

夏休みじゃないから、長女はひとりでワンコと留守番。私がべったり側に居なきゃいけないわけじゃない。

親離れに慣れてくれ〜

 

嫌いな人が担任って…まあ、そういうこともあるよな

「あなたのことが嫌いだから」学校に行きたくないらしいですなんて、それは言えない。

さすがに相性の問題だから、そういうこともあるよねスタンスで。

先生、厳し目なだけで悪人じゃないしな。暴言暴力もないしな。

私自身は苛々とニヤニヤの狭間に居ます。

ニヤニヤってのは、同じような親子が沢山いるだろうなっと思ったから。

そこは楽観できる。

学校は半分行けば卒業できるんだなーと知ったので、年間数回休むなんざ…親としては、どってことない。

それで長女のエネルギーが補給されるなら。

「体調不良で…」ね。

長女って将来学校の先生になりたいらしいです。

それは、去年の担任の先生が長女にとってベストな優しい先生だったから感銘を受けたようです。

残念ながら余所に移ったのでもうお会い出来ないのですが…

たまたまライン交換したので、いつでも連絡は可能です。(先生からの提案で)

長女のなんらかの晴れ姿が撮れたら送るつもりです♩

将来、学校がどのように変化しているのか、今は分かりませんが

自分の経験を生かして、先生できたらいいねーと、長女に対して思います。

今は「この気持ちを将来に活かす」とか、そんなこと頭に無いだろうけど


mamisoゆーや 件のいいね!
返信引用
yui-sawamura
(@yui-sawamura)
Active Member
参加: 4週間 前
投稿: 15
09/09/2019 3:31 pm  

夏休み明けの若者の自殺が多いですね。

少しこの場を借りてお話してもよいでしょうか。

子供の不登校で悩んでいらっしゃる親御さんは多くいます。

恐縮ながら私のことを書かせていただきます。

私は54歳、不登校の症状嘔気、めまい、腹痛の症状に見舞われ当時は登校拒否不登校の言葉もない時代で、私は学校を休むという考えがありませんでした。症状はひどくなり。授業中吐き気に見舞われ、保健室へ行ったことも何度もあります。保健室の先生から「トイレで吐いてきたら」とトイレにいったものの「嘔吐恐怖」があり吐くことに対しても恐怖でした。そのうち電車の中で過呼吸に、通学は一駅でしたので何とか我慢できました。この症状に見舞われながら10年間皆勤賞。ところが症状がおさまらず、就職も「恐怖」に見舞われました。親へ何度も言っても「どうせ神経だから」と言われて胃薬と整腸剤を渡されました、私はその薬をお守り代わりに常に握りしめました。この状態で家にいることも許されず、外にでても行くところがなく、糸が切れた風船のように街をさまよっていました。そんなある日の朝、私は口から心臓が飛び出るほどの心悸亢進に襲われました。それがパニック障害の発症でした。

私が26歳のころです。玄関からでることができない、目的地に行くことができないどころか、電車バス、乗ることに恐怖でした。美容院などの閉鎖的な場所もダメでした。

両親は私を専門家のところに連れて行かず、私は当時有名だった心療内科が通える範囲にあったので、その先生の診察をうけましたが、漢方薬を処方されただけでした。病気を発症してから一年後電話帳を見て、隣駅にある精神科に行きました。

精神科医からは「心療内科の域を超えているし、漢方薬では効果はない」と言われました。

「親をよんでくるように」と言われ母に言いましたが、腰をなかなかあげてくれず、精神科の先生の言葉に逆切れした両親は私を転院させました。当時27歳だった私は、病気であるのにもかかわらず、病気であることをふせて何度も何度も強制的に見合いをさせました。

親からはこういう言葉を浴びせられました「顔が老けて醜くくなってきた」「いつまでも家にいて世間の目が気になる」毎日毎日心臓をえぐられるような言葉を浴びせられました。

私の感情は死に顔は能面のようでした。死ぬ一歩手前までいきました。怖くて死ぬことができませんでした。

十数回見合いをして、一人だけ病気で服薬していること遠出ができないことを打ち明けれる人に出会い、結婚、親元から離れることができました。父親が3年後他界、私はひどいうつ病に悩まされます。

一年後病気が快方に向かいました。そこでようやく病気の原因は親に会ったことに気が付きました。そこから親への憎悪の念が噴出して、カウンセリングを受けます。私の口からは長年の親への恨みつらみがでました。その間に妊娠、病気を抱えながらの妊娠は発作との戦いでした。

出産後、今まで母から浴びせられて、批判的な言葉、不安、不満、の言葉におびえ、これでは育児ができないと思い、母との絶縁を決意、決行します。憎悪の念は噴出したままです。それから14年の歳月が流れ、ようやく落ち着きはじめました。

息子は幼稚園年中さんのころより幼稚園に行かなくなりました。小学校には行かないだろう、と思い様々な相談所に行き、相談しました。

一番良かったのは、私も子供とともに学校で登校し下校するまで生活を5日間でしたが、一緒にいたことです。

学校に私も長時間いることで、学校の側にも問題があることがわかりました。

授業参観の先生の態度と普通の日の態度が180度違いました。

親の前では、良い人の仮面をかぶっている教諭もいました。

不登校の子供は、睡眠、食欲、感情、に影響がでます。

私の子供も、夜中に突然悲鳴をあげたり、食欲はなく、腹痛

嘔気、がでました。

学校を休ませると、担任の先生、学年主任の先生が訪問して、

私もそのころは、学校の先生に気を使い、無理やり子供を学校に行かせてしまいました。

登下校、吐きそうになりながら歩いている息子を見て、昔の私の姿を重ね、これ以上学校に行かせてはいけないと私は子供を学校から離す決心をしました。

ところがそのころは、私には不登校の知識がなかったものですので、不登校の子供が不登校になりたてのころは、エネルギーロスの状態であることに気づかず、無理にフリースペースに入れてしまいました。

フリースペースにも子供にあうあわない、関係なしに入れてしまったので、後で私は後悔することになりました。

学校にも行けない、フリースペースにも行けない、学校でのいじめにももあったことから、息子は傷つき何度も死にたいと言葉にしました。

希望の光は、フリースペースで開かれた不登校関係者の講演会で「ホームスクーリング、ホームエデュケーションという言葉に出会ったことです。

私はその講演会で、初めて「家庭で子供を主体として教育する」教育法を耳にしました。こういう教育の仕方があるのか、と目の前が明るくなりました。

子供を家で育てよう、と決心しました。最初は荒れていた子供もだんだんと落ち着きを取り戻しました。

私は、不登校新聞、東京シューレ、川崎市多摩区にあるフリースペース「えん」、図書館から渡辺位さんの「不登校は文化の森の入り口」不登校関連の本を多く読みました。

エレイン・N・アーロン著、明橋大二訳「ひといちばい敏感な子」を読んだとき、「これだ」と思いました。

人一倍敏感な子のことをhsc、大人だとhspです。

私も子供もそうですが、人一倍敏感です。

集団行動が苦手、相手に気を使いすぎるからです。

音に敏感、移動が苦手、好きときらいがはっきりしている、

好きな物事にはてっていして行うけれど、関心ないものには目もくれない、凹凸があることです。

ほかにも私と私の子供の共通点は、耳からよりも目から得た情報の方が記憶に定着しやすい。これだと、学校教育には不向きです。

それから、学校の先生も話されていたのですが、普通級でもない、特別支援級でもない子供が不登校になっている。

学校でいう普通という枠の中にはあてはまらない人、HSCもそうですし、凹凸のある子もそうですし、発達障害ではないけれど、学校という枠の中にはあてはまらない子供が不登校になています。

そもそも、学校という選択肢が一つしかない日本の教育システムに問題があることに親御さんは気づいてください。

子供は親を無条件に愛しています。ですから、親御さんがお子さんに「学校を休んでもいいんだよ、家にいていいんだよ」と言葉をかけてあげてください。

不登校になったばかりのお子さんはエネルギーロスの状態ですから、家で安心して休める環境と親御さんは整えてあげてください。

親御さんはその間、不登校の子供を持つ親の会、に参加して親同士のつながりを持ちましょう。

ご自身にあった親の会をみつけることが大切です。

また、ホームエュケーション、ホームスクーリングという家庭を中心に子供が主体となって、教育する教育法があるということを親御さんに知っていただきたいのです。

子供は家庭という安全な場所で安心して育つことができます。子供にとり理想の環境です。

学校教育とは家庭で子供が主体となって教育する教育法の違いは、学校は子供にあれこれ指示しますが、子供が主体とする教育は、子供が自分からすすんで行動をすることを目的とします。

ここが重要です。子供のやりたいことを親は応援するのです。

どんなに有名な大学を出ていても、指示待ちの人がいます。会議でも受け身の人がいます。

そうではなくて、子供が積極的に自分から進んで行動をすることに大きな意味があります。

多様な教育、オルタナティブ教育、サドベリー教育、シュタイナー教育、などなど。

法律でも、多様な教育機会確保法という法律が成立されました。

不登校は問題ではないというとらえ方です。

詳しくは

NPO法人フリースクール全国ネットワーク

https://freeschoolnetwork.jp/p-proposal/1467

をご覧ください。

そして重要なのは、子供にも人格と人権があることです。

不登校の子供の権利宣言

https://www.shure.or.jp/shure/activity_archive/kenri/

 

あと参考までに

不登校新聞

https://futoko.publishers.fm/

子育ての主役は親でなく子供です。

私たち親の役割は子供の伴走です。

子供の成長を見守ることが親の役目です。

まずは健康第一です。

心身共に健康でなくては勉強も、仕事もできません。

将来はどうなるの?の質問には

子供の生きる力を信じてください。

「今が大切」です。

「今が良い」ならば、将来もよいです。

子供自身将来のことを考えて自分で決めて

歩んでいきます。そういう力を子供はすでに持っているんです。

親が子供を支配したり、子供を通して自分自身を

愛したりしないでください。

子供にも人格、人権があります。

子供はそう簡単には生まれてはきません。

私は結婚6年目で最初で最後の出産でした。

妊娠中は子供の命の危機が3回訪れました。

息をしていればよし、という状態で生まれました。

命が何よりも大切です。

夏休み明けの若者の自殺が多いのは

学校に行くしか選択肢がないからです。

これらの情報は私が長い間、時間をかけて

先輩たちから得てきたものです。

どうぞお母さん、お子さんを信じてください。

子供は親を無条件に愛してます。

親の子供への愛情も無条件でありますように。

家に例えるのなら、愛情という土台が

そして信頼関係がしっかり築けてはじめて、

子供は安心して勉強をすることができるのです。

個々それぞれ発達のペースがあります。

お子様にあった教育法、

そして、お子さんのペースにあわせて育ててあげてください。

 

お子さんが安心して成長したら、考えてください。

「あなたはお子さんを誰に預けたいですか?」

お子さんと相性のよい方、相性のよい友達、

相性の良い場所。

今はネット環境が整っていれば、

ネットでも勉強ができる時代です。

学校に行かなくても、高校認定もありますし、

それを受けて大学に行く人もいます。

義務教育も戦後、働き手がなくて

親が子供を仕事に駆り出されたことから

子供にも学ぶ義務があるよ、ということで

作られたものです。

学校に行かなくてはならない、

ということではないのです。

 

国、性別、そういったものを飛び越えて

相手を尊重できる人に

子供を育てていきましょうね。

新しい教育の幕開けです。

 

 


ゆーや, 休止, マニッキ と 1 人の方がいいね!
返信引用
休止
(@free)
Noble Member
参加: 10か月 前
投稿: 1585
09/09/2019 9:58 pm  

yuiさん、魂を込めたお話を有難うございますm(_ _)m

リンク先など、後日ゆっくり見させて頂きます。

「普通」の中に居る時には見つけられない情報を有難うございます。


mamisoマニッキ 件のいいね!
返信引用
ゆーや
(@yu-ya)
Honorable Member
参加: 10か月 前
投稿: 679
12/09/2019 12:10 pm  

yuiさんもすごい努力をして生きてこられたのですねー。

僕もフリースクーラーという言葉を初めて聞いたし、yuiさんがしっかり深く考えていてすごいなーと思いました。

教育というと「教え育てる」のは大人なので大人が主体だけど、これからは子供が「学ぶ」時代になっていくといいなーと思ってます。


mamisoマニッキ 件のいいね!
返信引用
yui-sawamura
(@yui-sawamura)
Active Member
参加: 4週間 前
投稿: 15
12/09/2019 9:45 pm  

@yu-ya

ありがとうございます。


mamiso 件のいいね!
返信引用
ページ 6 / 6
Share: