通知
すべてクリア

二重の虹  

固定ページ 2 / 2
  RSS

 匿名
結合: 51年前
投稿: 0
12/12/2018 9:54 am  

すみません、何度も。

誤解があったらと思って。

私はツイン軽視、運命軽視は全くしてないです。

そのどちらも間違いなくあって、それは素晴らしいものだとも思っています。

それと同じくらい、運命は変えられる、も素晴らしいものだと思っていて、85%くらいはツイン要素的な…ねころぅさんが仰っていた、いとこフレームとか的なものもあっていいと思っているという事でした。

読んで否定的な意味を感じ取られた方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません。

ありがとうございました。


ゆーや, 晴れ 件のいいね!
返信引用
JonathanM
(@jonathanm)
Estimable Member
結合: 2年前
投稿: 207
12/12/2018 12:49 pm  

永沢さん、ありがとうございます。

トピ「ツインフレームとの出逢い」でちょうど、nananaさんと話し合ってたとこで、ツインに関してはそちらのトピで話すのはどうでしょう。ここでの会話については、他の方にも分かりやすいようにリンクを貼っておこうと思いますが。いかがでしょう。


あなた 件のいいね!
返信引用
 匿名
結合: 51年前
投稿: 0
12/12/2018 2:00 pm  

JonathanMさん

そうなんです、説明するとトピずれするし、ツイントピではnananaさんとのお話を邪魔してしまう…と、ちょっと迷った上でした(汗)

すみません…。

リンクを張っていただくほどのモンでもなく、「二重虹の関連でこんな事がありました」と、JonathanMさんに伝えたいなとの気持ちだけでしたので、このままこの場で終了で構いません(^^)

ずっとどうしよう……と思っていたことでしたので、お話しさせていただけたことで充分です。

ありがとうございました(*´∀`*)

 


あなた 件のいいね!
返信引用
JonathanM
(@jonathanm)
Estimable Member
結合: 2年前
投稿: 207
12/12/2018 3:25 pm  

永沢さん、ありがとうございます。了解しました。僕もツインについてもうちょっと話したいので、このまま返答するとずれちゃうなと気にしてました。

ツインの概念と運命論についての、永沢さんの感覚が少しずつわかってきた気がします。そして、ツイン概念いついての葛藤とその過程については、僕も同じような感じでした。

僕は、ツイン相手への自分の感情に気付いた時を覚えています。職場の階段を降りてる途中でした。ツイン相手は同じ部署の同僚でした。狭い仕事場に何人かと一緒に働いていました。中途採用で僕が入って、一年半を過ぎたところでした。妻も子もいて、いわゆる幸せな家庭で、表面的には何も問題ないと思ってました。他の人を好きになるなんてないと思ってました。そのツイン相手のことをかわいいなとは思ってて、実際相手に「自分のこと可愛と思ってるでしょ」とか言ってからかったりしてましたが、それ以上の気持ちはありませんでした。不倫相手を求めていたわけでもなく、不倫をしてる友人には、「僕はそういうのは無いな」と言ったりもしてました。そういえばその後でした、自分の気持ちに気付いたのは。

その流れも、興味深いです。

残業の多い職場で、1日の半分は彼女とほぼ同じ空間にいました。結果、妻よりも会話は多かった。僕の水面下で思いが蓄積されていたんだろうと思います。

自分の気持ちに驚いて、否定したり、消そうとしたりしても消えないので、いろいろ検索して、ツインのことを知った。半信半疑だけど、自分の状況を見てるかのように書いてある。それもなんかの罠のようにも思いました。不倫の言い訳だろとか。何かを買わせようとしてるんだろとか。

ツイン概念については今も半信半疑です。僕は、「魂がくっついてる」とか、なんとかいうけどそれ誰が見たの?って思ってます。見た人が言うし、言われてみるとその現象もなくは無いし、全く否定もできないんだけど、全く確証もないよね、と。見たら信じます。というか信じる段階じゃないんでしょうけど。僕は、自分が見たり、聞いたりしたことじゃないと、「へー」くらいにしか思えない体質です。その点、永沢さんの上をいってますかね。笑

だけども、サインみたいなのとか、共有感覚みたいなのは、僕も体験しているので、あるような気がします。

それに、ツイン経由でメタ通信に出会い、そしてこの掲示板に来ている。スピ系のことについては、20年前に臨死体験をしてからずっと興味があった。仕事に追われるようになって、ほとんど考えなくなっていた。あのまま彼女を好きにならなければ、ここに来ることはなかった。スピ系のことを思い出して深める機会を与えられているし、そのことは僕にとって人生最大の関心事でもあった。これは事実です。

 

人を愛するってことも学べたと思います。そういう意味では、このツインの授業の単位は取れたので卒業してもいいのかな。そんな感じです。


ゆーや, 晴れ 件のいいね!
返信引用
 匿名
結合: 51年前
投稿: 0
12/12/2018 4:01 pm  

「透明は○○色だ!」って言ってるようなもんですからね(笑)

個人的には、むしろまずは絶対に疑った方がいいと思うくらいです。

疑って疑って疑って疑った先に残ったものが、信じるに値する結果だっただけで。
私もあれだけ現実が実際に動かなければ、今もニ信八疑くらいだったと思います(笑)

以前コメントを拝見した時、少し苦しそうに感じていましたので(私が勝手にです)、
スッキリされているようで良かったです(^^)

ツイントピのお話も、楽しみに読ませていただきますね。

またどこぞのトピで、お話させていただく事があれば嬉しいです。

ズレズレ引っ張ってしまった中で、暖かいお心遣いをいただき、感謝いたします(*´∀`*)


ゆーや, 晴れ 件のいいね!
返信引用
JonathanM
(@jonathanm)
Estimable Member
結合: 2年前
投稿: 207
12/12/2018 7:19 pm  

永沢さん、こちらこそありがとうございました。

仕事でも、「話すは『放す』」は僕もよく使ってて、そう思ってます。ツインフレームのトピでぶちまけてスッキリしたので、楽になってたんだと思います。

『放す』ついでに、話すことの効用について。

いろいろ考え過ぎて煮詰まってる時って、例えていうならば、ごちゃごちゃに散らかっちゃった自分のお部屋だと思ってます。ものもいっぱいあって、時どこ思い出の写真とかも引っ張り出して、見たりしてて、そこら中に物が溢れてるようなお部屋。

どうやって片付けるか。

もう、物を一旦部屋の外に出して整理するってのが、一つの方法ですよね。

人に話す、というのは、その人の脳みそに、自分の散らかった脳みそから物を出させてもらうことに似てると思います。別の部屋に置かせてもらう。

話して、友人とか、掲示板の相手とかに一旦預かってもらう。親切な友人なら、「これいらないんじゃない?」とか、「これはこっちに置いとくね」とか言ってくれる。信頼できる相手だったら、「そっかそうだね」となる。

片付く。綺麗になったお部屋でのんびりとくつろぐ。

話す相手がいなかったら、ノートに書くいうのもよく勧められますが、それは、ノートが別のお部屋の代わりになるからだと思います。

おまけでした。なにせ話したがりなので。笑

ではまた〜

 


ゆーや, 晴れ, と 1 人の方がいいね!
返信引用
固定ページ 2 / 2
共有: